平成28年2月8日 実質賃金 4年連続でマイナス | ヒューマンアラウンド株式会社
平成28年2月8日 実質賃金 4年連続でマイナス

平成28年2月8日 実質賃金 4年連続でマイナス

2016年02月08日(月)4:54 PM

厚生労働省が8日発表した2015年の毎月勤労統計調査(速報)によると、基本給と残業代、ボーナスなどを合計した「現金給与総額」(1人当たり、月平均)は前年比0.1%増の31万3856円となり、2年連続で増加した。
ボーナスは減ったが、春闘での賃上げの浸透で基本給が増加し、総額を押し上げた。基本給を指す「所定内給与」は10年ぶりに増加に転じた。
ただ、物価変動の影響を除いた実質賃金指数は0.9%減と、4年連続の減少となった。
基本給は増加しているが、消費者物価の上昇に追い付いていないためだ。 



«   |   »

  |  

過去の記事