平成28年7月19日 高級ホテル都心に続々「赤プリ」跡地・大手町に旅館 | ヒューマンアラウンド株式会社
平成28年7月19日 高級ホテル都心に続々「赤プリ」跡地・大手町に旅館

平成28年7月19日 高級ホテル都心に続々「赤プリ」跡地・大手町に旅館

2016年07月19日(火)4:42 PM
日本のホテルチェーンが東京都内に相次いで高級ホテルを開業する。西武ホールディングスは19日、千代田区のグランドプリンスホテル赤坂跡地で27日に開業する「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」を報道陣に公開した。星野リゾートは20日、旅館「星のや東京」を大手町にオープンする。東京五輪が開かれる2020年を前に訪日外国人の争奪戦が一段と激しさを増す。


外資主導の開発が進んでいたが、ここに来て日本のホテルチェーンも攻勢をかけている。 各社の狙いは外国人の集客だ。ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町は外資系ホテルを多く手がける海外の事務所にデザインを依頼し、外国人好みの内装にこだわった。米スターウッドホテル&リゾートワールドワイドとも提携し、スターウッドの予約システムで外国人を呼び込みやすくした。


星のや東京が大手町を開業地に選んだのは、外国人が多く集う都心で「旅館文化」を発信するためだ。広い客室や眺望で高級感を出す手法は外資系ホテルも同じ。世界中に会員がいる外資と比べて知名度では劣る日本のホテルがインバウンド客を想定通りに獲得できるか。ソフト面でどの程度特色を打ち出せるかもカギを握る。


«   |   »

  |  

過去の記事