平成28年9月28日 みずほ 介護休業を2年に延長 | ヒューマンアラウンド株式会社
平成28年9月28日 みずほ 介護休業を2年に延長

平成28年9月28日 みずほ 介護休業を2年に延長

2016年09月28日(水)6:44 PM
みずほフィナンシャルグループは、3メガバンクで初めて社員がとれる介護休業の期間を1年から2年に延長し、休業中に賃金の一定割合の手当を出す方針を決めた。


有給休暇を最大240日間まで将来の介護のために積み立てられる制度も設け、介護のために仕事を辞める「介護離職」をゼロにする計画だ。労働組合と同意したものから順次導入する。


育児・介護休業法では、介護休業は最大93日間とれる。この間は介護休業給付金として賃金の67%が支給される。みずほではこれまで最長1年間、介護休業をとることができたが、金銭的な補償はなく、昨年度、実際に活用したのは、社員約3万6500人のうちわずか9人にとどまっていた。


新たな制度では、公的な給付金支給が終わった後も会社が手当を出し、休業期間も延ばす。さらに2年間で権利が消滅する有給休暇について、介護を目的に使う場合に限って最大240日まで期限を切らずに積み立てておけるようにする。中核企業のみずほ銀行では40~54歳の社員が全体の4割を占め、「親の介護」が今後の経営課題になる。担当者は「有給休暇分を合わせれば最大3年間手当をもらいながら休めるようになる。社員の将来の不安を少しでも減らせれば」と話し、いま年間数十人いる介護離職者を、3年後にはゼロにすることを目指している。


«   |   »

  |  

過去の記事