平成28年10月5日 65歳超で就労希望65% 厚労白書、雇用の確保訴え | ヒューマンアラウンド株式会社
平成28年10月5日 65歳超で就労希望65% 厚労白書、雇用の確保訴え

平成28年10月5日 65歳超で就労希望65% 厚労白書、雇用の確保訴え

2016年10月05日(水)2:36 PM
厚生労働省は4日、2016年版の厚生労働白書を公表した。60歳以上の人の6割以上が、65歳を超えても仕事をしたいと考えていることがわかった。


高齢者の就労に対し、国が取り組むべき施策をきいたところ、企業が高齢者を雇いやすくする施策や希望者全員が65歳まで働けるしくみづくりなどが挙がった。


白書のタイトルは「人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える」で、高齢化に直面する日本の現状や課題をまとめた。日本の65歳以上の人口は2015年に26.7%となった。白書は高齢者の就労意欲の高さを指摘。60歳以上を対象にした調査では65.9%が65歳を超えても仕事がしたいと考えていることがわかった。


«   |   »

  |  

過去の記事